道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

静謐。  

120828GLASHAUS

昨日手に入れた、
伊藤ゴローさんのCD「GLASHAUS」。

音がただ流れてゆくだけでなく、
そこにはひとすじの光が宿っているような…
静けさのなかに凛としたものが感じられる作品。

そして、
このアルバムのジャケットは、
『葉書でドナルド・エヴァンズに』の著者でもある
詩人・作家の平出隆さんによるデザイン。
ドナルド・エヴァンスは31歳で亡くなるまでに、
生涯4000枚以上の架空の切手を描き続けた画家。
このアルバムのジャケットにも
彼の描いた架空の切手の絵が使われています。

アルバムの中にも「A Stamp」という曲があり、
思わずあれこれ空想してしまいます。

ずっと欲しかったアルバムですが、
なぜかネットでは買うことができませんでした。
きっと昨日まで待てということだったのでしょうね。

しばらくの間、
この静謐な世界に浸りたいと思います。

スポンサーサイト

category: 聴く

tb: 0   cm: 2

卒業は…  




仮面をつけて生きるのは
息苦しくてしょうがない
どこでもいつも誰とでも
笑顔でなんかいられない




一人ぼっちがこわいから
ハンパに成長してきた
なんだかとても苦しいよ
一人ぼっちで構わない




生きているっていうことは
カッコ悪いかもしれない
死んでしまうということは
とっても惨めなものだろう


だから親愛なる人よ
その間にほんの少し
人を愛するってことを
しっかりとつかまえるんだ…




大人になれば
自分のなかの不確かさや脆さが
なくなるのだと思っていましたが、
そんなことはないのですね。

相変わらず周りとの摩擦はあって、
相変わらず弱気で、
相変わらず傷つきやすく…、
相変わらず息苦しい日々。


いつか卒業できると思っていた
ブルーハーツの曲。

とくに好きな「チェイン・ギャング」を
ここ2晩ほど繰り返し聴いています。

聴きながら
この曲を聴いていた25年前の自分と
今の自分を比べていました。
悲しいくらい変わっていません…。

変わったことといえば、
そんな弱い自分でもいいのだと
言ってあげられることくらい。

でも、それでいいのかもしれません。
たとえ強くなれなくたって、
たとえ自信が持てなくたって、
たとえ傷だらけになったって
痛みを感じる心をずっと持っていたい。
それがなくなると、
自分ではなくなるような気がするからです。
だから、一生卒業は…しなくていい。
今はそう思えます。



それにしても、

マーシー…素敵です。
カッコよすぎます。

category: 聴く

tb: 0   cm: 0

「お散歩」  

111024spazieren


Henning Schmiedt「Spazieren」。
週末、自分へのご褒美に、
この「お散歩」という名のCDを
買いました。

美しいピアノの旋律が周りの空気を
すーっと快いものに変えてゆくよう。
聴いていると、心が楽になります。

「お散歩」というだけで
かなりくらくらっとするのですが、
各曲のタイトルがまたいいのです。

タイトルをつなげてみると、
全体でひとつの物語になるみたい。

雨があがり、靴を履き、
森へと歩き出す。
新しい歌が次々と頭に浮かぶ。
湖のそばを抜け、
雲の数を数えたり、
古い教会、バッタ、朽ちた戸、
古い庭や木々を見ながらテクテク。
そのうち、またぽつりぽつりと降りだし、
ちょっと急ぎ足になる。
一休み。
鐘の音がきこえる。
鞄にはおもちゃ。
おうちへ…。

タイトルがドイツ語表記なので、
久しぶりに辞書を引き引き調べ、
簡単につなげただけですが
(訳はかなり怪しいので、お許しを…)、
もうとっても素敵♪

かなりお気に入りの一枚に
なりました。

CDは、nowhereさんにて販売中。

うぅ…
うぅ…
うぅ…

Henning Schmiedtさんの
他のCDも欲しくなるではないですか。
来月の自分へのご褒美にしたいなぁ。

category: 聴く

thread: 音楽のある生活 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

部屋、音楽が溶けて  



今日も雨降り。

こんなときに聴くのは、
「部屋、音楽が溶けて」。
東京にある憧れのお店、
「雨と休日」のCD。

雨音と一緒に、
音楽が心にも溶けてゆきます。


部屋、音楽が溶けて部屋、音楽が溶けて
(2011/03/24)
Various Artists

商品詳細を見る

category: 聴く

thread: のんびり生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

サヨナラcolor  



自分をつらぬくことは
とても勇気がいるよ
だれも一人ボッチには
なりたくはないから

でも君はそれでいいの?
夢の続きはどうしたの?
僕を忘れてもいいけど
自分はもうはなさないで

サヨナラからはじまることが
たくさんあるんだよ
本当のことが見えてるなら
その思いを捨てないで


数日前から頭に流れている曲。
自分はどこへゆこうとしているのか
わからなくなってしまう時に聴くと、
しっかりと掴まえてくれるあたたかい
手のようなものを感じます。

悩みつつも毎日少し前へ進んでいると
思いたいのですが…。

category: 聴く

thread: 音楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。