道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2009年最後の日に  

091231snow

よのつねの喜びかなしみのかなたに、
ひとしれぬ美しいもののあるを知って
いるかなしみ。
そのかなしみを生涯うたいつづけた。

『暮しの手帖 冬号』 新見南吉「十八歳の悲しみと美しさ」より



静かな雪の大晦日となりました。

今年1年を振り返ると、とても
充実した日々でした。

そしてまた、自分というものや
様々な事柄を見つめ直すことが
できた年でもありました。

このブログをはじめ、関わって
下さった方々のおかげです。
この場でお一人おひとりに感謝
の言葉を贈りたいと思います。
ありがとうございました。

人の美しさとは、何もないこと
からではなく、迷いやつまづき、
苦しみといった中から得てゆく
ものなのかもしれません。

来年もそういった人の美しさを
見つめてゆく生活ができればと
思っております。
よろしくお願い致しますn(_ _)n

来る年が皆さまにとって素敵な
年でありますよう、心からお祈り
申し上げます。
スポンサーサイト

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

それぞれの物語  

091231monogatari


ただ所有するだけではなく、
最後の最後まで使い切る。


それはときに、

何を持つかとか、
何を着るかとか、

それ以上に素敵なことだと
感じることすらあります。

モノを手に入れた瞬間から
その持ち主とモノの物語が
はじまるのだと思います。

持ち主によって最後の最後
まで生かされたモノの物語
はそれだけで新しいものに
は決して真似できない魅力
があります。


物語を豊かなものにするか
どうかはそのものを持つ人
自身に委ねられている…。

そう考えると、いつも何気
なく使っているモノに対し、
愛着がわいてきました。

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

不思議。  

先日久しぶりにショッピングセンター
に行きました。
そこで気づいたのは、あまり物欲が
わかないということ。

最近何も買っていないという訳では
ありませんが、以前のようにあれも
これも欲しい~と思うことが少ない
ような気がします。

それと、前はわくわくした買い物が
今は少々苦痛に感じます。
人が多くて賑やかで、妙に明るくて
様々なものが氾濫しているような…
それよりも外でのんびりと空を眺め
ているほうが、自分にはあっている
ような気がします。

近くに商店が一軒もなく、目の前に
あるのは海だけというほどの田舎に
住む祖父が、
「町に行くとストレスが溜まる…」と
言っていた気持ちが今ならわかります。

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

本日は、  

実家へ行きました。

年々老いて、弱くなってゆく両親。

そのどこか寂しげな様子に、切なさ
を感じてしまいました。

けれど、私はやはり何もできず…。


親不孝をしているなぁ…
そう思いながら帰途に着きました。

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

今年の第一号さん♪  

091226snowman

先週作った今年初の雪だるま。
まだ水っぽい雪だったため、
きれいな丸ではありませんが、
そこがまた愛嬌があって、
気に入りました。

その後、雪かきと称しつつ…
職場で大きな雪だるまを一体
作り上げた私。

今年の冬にはたくさん雪だるま
を作ろうと思っていましたが、
先週末の雪は想像以上に積もり、
雪だるま大量生産計画は頓挫、
次回への持ち越しとなりました。

とはいえ、
これで二体誕生しました(笑)

さて、今シーズンはあといくつ
雪だるまを作れるか…
雪には一気に降らないでと祈り
つつ…毎日を過ごしたいと思い
ます。




category: 作る

thread: のんびり生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

与えること。  

091225odekake



受けるより与えるほうが幸いである



聖書にある言葉です。

私はクリスチャンではないのですが、
学生時代に学校で読んだ聖書の言葉
が今でもふと心に浮かびます。

誰かと親しくなればなるほど、
その人に対する期待が大きくなり、
求めるものが増えていきます。

そして、その人が自分の思い通りに
ならないといって責めてしまいます。

でも心は…大切にしなければならない
ことをちゃんと理解しているのです。
わかっているのに…いつも同じことを
繰り返す私…。


自分が可愛いからでしょうか?

もっと与えることで喜びを感じられる
人間になりたいと思う今日この頃です。

と…日頃の反省でしたn(_ _)n


嗚呼、今はこう言えても、いざとなる
と難しいかもしれません…。
いえ、やはり難しいのです。
これからもきっと同じことを繰り返して
しまいそうです。すみません。




今日の富山は久々の青空。
先週降った雪もだいぶ融けました。
北陸の冬は鉛色の空の日が多いので、
こんな青空を見ると嬉しくなります。

category: 言葉

thread: 今日の言葉 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

メリークリスマス♪  

091225christmas

何十年ぶりでしょう。

我が家にもサンタクロース
さん…いえ、正確には、
にゃんたクロースさんが
きました(笑)

玄関の扉にプレゼントが。

嬉しいやら、驚くのやらで、
今朝の我が家はいつもより
かなり賑やかでした。

にゃんたクロースさんへ、
プレゼントありがとう
ございます。
より一層職務に励まさせて
いただきます(^ー^* )フフ♪


皆さまも素敵なクリスマスを。

category: 雑記

thread: のんびり生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

師走に入り…  

091216tokyo


最近外出すると、かなり疲れます。


その理由は、「師走」。


いつもよりお店が混んでいたり、
交通量が多かったりして、
のんびり屋の自分のペースが乱れて
しまうためだということに、人から
指摘されてようやく気づきました。

私は人混みや様々な色や音が氾濫
する場所が苦手です。
そういった場所に行くと、思考が
停止してしまい…しまいには気分が
悪くなり、最悪の場合は目的を達成
できずに途中で帰宅することも。

普段人混みを避けるように暮らして
いますが、この時期は難しいですね。
どこに行っても、人も車も多くて…。

今日も車を運転しながら、交通量の
多さに驚いてしまいました。
と言っても、都会ではないので、
たいしたことはないのでしょうが…
それでも私にとっては一大事です(笑)

自分のペースを乱さないように…
できるだけ外出しないで、
のんびりを心がけようと誓った私…
でした(笑)


写真は先日東京へ出かけた際のもの。
上野公園にある正岡子規記念野球場。
東京のあまりの人の多さに疲れて、
ここの近くで休憩していました。
旅先でも公園に行くと、ホッとします。





category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

K君の黒い手。  

小学生の頃通っていた塾に、K君という男の子
がいました。K君の右手、小指から手のひらに
かけての側面はいつも真っ黒。
それは、時間があれば書き取りをしているために
鉛筆の色が手についてしまうためでした。

お世辞にも器用だとはいえず、すべてが人より
時間がかかるK君。でも、誰に何を言われよう
と黙々と書き取りを続けていました。


K君は今頃どうしているのだろう?
と最近しきりに考えます。


絵のように美しく華やかな未来を夢見てしまい
がちですが、それは違うのかもしれませんね。


毎日自分ができること、与えられたことを続ける
ことこそ最も幸せに近い道なのかもしれません。
簡単なように思えて、何かを続けることって、
実はかなり難しいことなのです。

今私がK君のことを思い出したのには、きっと
何か意味があるのだと思います。

K君の黒い手。
私にもそのようなものがあるのでしょうか?
そう自分に問いかけています。

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

友を呼ぶホルン。  

091207tokyo

しばらくの間ブログをお休みして、
ご心配をおかけいたしました。
自分の中からなかなか言葉が出て
こない時期があり、充電しており
ました。
体調のほうは問題ありませんので、
どうぞご安心くださいませ。

お休みしている間にブログを見に
きて下さった方々、お心のこもった
コメントやメールを下さった方々
には心より感謝しております。
ありがとうございましたn(_ _)n

自分の中で生れた小さなつぶやき。
読んでくださる方々がいるだけでも
幸せなのに、そこから何かを感じ
て下さっている方々がいることを
知り、感激しております。

言葉というものはとてもやっかい
なものです。
時に誰かを苦しめたり傷つけたり
する言葉。その一方で、勇気づけ
たり心を癒すのも言葉だったり。

諸刃の剣のようである言葉である
からこそ、大切に発したいと思い
ます。

ゆっくり、時に休みながらでも、
続けてまいりますので、
よろしくお願いいたします。

写真は東京にある大好きな画材店
に飾ってある「友を呼ぶホルン」。
週末を利用し東京へ行ってまいり
ました。

このブログへ来てくださる方々に
感謝の気持ちをこめて…。

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。