道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

部屋、音楽が溶けて  



今日も雨降り。

こんなときに聴くのは、
「部屋、音楽が溶けて」。
東京にある憧れのお店、
「雨と休日」のCD。

雨音と一緒に、
音楽が心にも溶けてゆきます。


部屋、音楽が溶けて部屋、音楽が溶けて
(2011/03/24)
Various Artists

商品詳細を見る

スポンサーサイト

category: 聴く

thread: のんびり生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

灯篭流しのあとで…  

110725tourou

富山市の中心部を流れるいたち川で
毎年7月24日に行われる灯篭流し。

灯篭流しには間に合わなかったけれど、
夜に美しく浮かび上がるいたち川沿いを
少しだけ歩いてきました。

この夜、多くの人たちの祈りが
この川を流れていったことでしょう。

私もそっと大切な人たちの幸せを祈りました。

category: 雑記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

やさしさのカタチ。  

110724oyakogamo

カタチにするのは
難しいかもしれないけれど

やさしさはきっと
こういうカタチなのかもしれないと

思わせてくれるような
ほんわかあたたかな光景でした

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

涼しくなる思い出。  

110723tateyama

厚い雲に覆われた日が続いています。
日によって表情が異なる立山連峰。

家の近くからも眺められるのですが、
もっともっと近づきたくて、
山に向かって車を走らせてみました。

けれど近づけば近づくほど、
山は離れてゆくような感じがして不思議。

写真に写っている真ん中の山は剱岳。
映画「劒岳 点の記」の舞台の山です。

標高2,999m。

学生時代に2泊3日で登ったのですが、
毎日10時間以上も歩くという強行日程。
しかも頂上に近づくにつれ断崖絶壁…。
重いザックを背負いながら足ガクガクで、
岩に打ちつけられたボルトを登る場面も。

ちょっと冷や汗で涼しくなる思い出。




category: 雑記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

首の白いワカメちゃん?  

110719baby_powder

汗っかきで皮膚が弱く
幼い頃から毎年夏になると
あせもに悩まされてきました。

少しは強くなったかと思いきや
今年の暑さに首の後ろのかゆみも出現。

そこで、

ベビーパウダーにお世話になっています。
少し甘いかすかな香りと
やわらかなパフで粉をつけるときの
ふわっとした感触に昔を思い出します。

「てんかふ」と言っていましたが、正しくは、
てんかふん(天花粉・天瓜粉)」なのですね。

それから、先週、髪の毛も切りました。
首にかかる髪の毛をなくしたくて、
ワカメちゃんカットです。

夜の私は、首の白いワカメちゃん。
これで、ますます昭和の雰囲気に…。

category: 雑記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

灼熱のドライブ。  

110718drive

雲のない青空。
雨晴海岸の女岩。

立山連峰を望める日もあることから
海と山を同時に眺められる
富山では有名な撮影スポットです。

女岩とその周りの岩は母親と子どもに
見えることからその名がついたとのこと。

もっと写真を撮りたかったのですが
あまりの暑さに数分しかいられず。
他の場所も然り。
外に出てはすぐに車に戻る…の繰り返し。

まるでもう少しで目玉焼きになりそうな…
フライパンの上の卵のような気分。

以上、灼熱のドライブ報告でした。

category: 出かける

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

水色の空。  

110715tonbi

鳶に狙われそうになり
思わず撮った一枚です。

心が洗われるくらい
澄んだ水色の空でした。

category: 雑記

thread: 写真日記 - janre: 日記

tb: 0   cm: 4

光。  

110712komorebi

あの頃も今も
変わらぬ光なのに

今はこんなにも
美しく感じられる

それだけで十分なのに
まだ何かを求めてしまう

それが悲しくてやるせなくて
つい自分を責めてしまいます

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

京都へ  

110710kyoto

日帰りで京都へ行ってきました。

恵文社で本をたくさん眺めて、
ブロ友のmoさんとお会いして、
またたく間に時間が過ぎました。

とても充実した時間でした。

ただ…日帰りにしたことを反省…。
もっともっといたかった…。

鴨川の亀の形をした飛び石の上に
心の一部を残してきたような気がします。
次回、忘れずに…
置いてきた心を取りに行きましょう。

category: 出かける

thread: のんびり生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

マリメッコ  

110709hana

今日は友人宅の田んぼの畦で、
花を摘んで並べて遊びました。

夏空に映える鮮やかな花々。

「マリメッコの柄みたい」と言われ、
ちょっと得意気に。

category: 雑記

thread: のんびり生活 - janre: ライフ

tb: 0   cm: 2

日曜の朝の楽しみ。  

110704kabotya

「…あたしがクイーンを出てくるときには、
自分の未来はまっすぐにのびた道のように思えたのよ。
いつもさきまで、ずっと見とおせる気がしたの。

ところがいま曲り角にきたのよ。
曲り角をまがったさきになにがあるのかは、わからないの。
でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。

それにはまた、それのすてきによいところがあると思うわ。
その道がどんなふうにのびているかわからないけれど、
どんな光と影があるのか―どんな景色がひろがっているのか―
どんな新しい美しさや曲り角や丘や谷が、そのさきにあるのか、
それはわからないの」


日曜日の朝、家にいるときは、FMラジオの
「パナソニックメロディアスライブラリー」
という番組を聴いています。

作家の小川洋子さんがパーソナリティを
つとめる読書案内の番組です。

新旧問わず素敵な作品を紹介されているので、
毎週楽しみにしています。
紹介される本には読んだものも多いのですが、
紹介された後にあらためて読むと新たな発見もあり、
それが嬉しく楽しいひとときです。

昨日は読者のリクエスト特集の第一回目で、
モンゴメリの『赤毛のアン』。
本を片手に番組を聴いていましたが、
キラキラと輝くことばに思わず笑みがこぼれます。

来週は小川糸さんの『食堂かたつむり』。
日曜の朝の楽しみはつづきます…。



この番組の内容を本にまとめたものも出ています。
本のセレクトがかなり好みです。

心と響き合う読書案内 (PHP新書)心と響き合う読書案内 (PHP新書)
(2009/02/14)
小川 洋子

商品詳細を見る

category: 読む

thread: のんびり本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 4

「あ゛つ゛い゛て゛す゛ね゛」  

110701cafe

「暑いですね」を
つい口にしてしまいます。
それでももの足りなくて
濁点をつけたくなります。

「あ゛つ゛い゛て゛す゛ね゛」と。

category: 雑記

thread: ひとりごとのようなもの - janre: 日記

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。