道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

海。  

120313umi


ひとはみな
心のなかに海をひとつ もっている
その濃いみどりの海のうえに
ときどき ちいさな魚がはねて
ときどき ちいさなしぶきがたつ
ひとの心のなかに
いつ 海はうまれたか

おそらく むかし
――なにが悲しいのか
   わからないほど ちいさく
   なにがつらかったか
   忘れてしまうほど むかし
ひとはみな
はじめてまるい口をあけて泣いた
あのときの涙の粒が 海の はじまり

泣くたびに流れた塩からい涙は
だれにも知られぬ場所に
あふれあふれ
――それはたしかに 悲しみの波
   それはたしかに つらさのうねり
それはたしかにそうなのだが
ごらん いつのまにか
涙の海に 生まれてそだった
泳ぐものたち
笑い 歌い そして遊ぶ 泳ぐものたち

ひとはみな いつだって
塩からくて にぎやかな
海を 抱いて いるのだ

        「海の はじまり」工藤直子



ふとした瞬間に感じる幸せな気持ち。

涙の海が豊かになればなるほど、
日々の小さな幸せを
より強く感じることができるのかもしれません。

そんな大切なことをいつも忘れずに
心にとめておきたいと願うのに、
どこか遠くを眺めてしまう自分もいたりして、
それが悲しくなってしまうのです。
スポンサーサイト

category: 雑記

thread: 今日の言葉 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/1257-add00c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。