道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

映画 『しあわせのかおり』  

映画 『しあわせのかおり』を観て来ました。

デパートの営業職として働く山下貴子(中谷美紀)は、
出店交渉をしに金沢の町外れにある小さな中国料理店「小上海飯店」を訪れます。
何度か通ううちに、貴子は店主の王(藤竜也)の名物の蟹シューマイをはじめとする
様々な料理に魅了されていきます。
ある日、王が厨房で倒れて麻痺が残り、料理が作るのが困難になります。
そんな王を見て、貴子は仕事を辞めて王の料理を学ぶ決心をしますが…。

貴子と王が料理を通して、互いに心を通わせていくところに心打たれます。
2人とも過去に辛い経験をしていて、
それが2人の強さや優しさにつながっているのだろうと思いました。

人と人とのつながりって素敵ですよね。
傷をつけるのも傷を癒すのも人…。
心があたたかくなる映画でした。

それに、美味しそうな料理の数々に…お腹が…いえ…なんでもありません(笑)

ちなみに、映画の舞台は、金沢市大野という港町です。
映画を観た後に、散策しに行きました。
その報告は、次回のお楽しみに!!

『しあわせのかおり』の公式サイトはコチラ↓
http://www.shiawase-kaoru.jp/


スポンサーサイト

category: 観る

thread: ★おすすめ映画★ - janre: 映画

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは!
ずっと見たいと思っていたのにいつもレンタル中だったこのDVDをやっと見る事ができました。

とてもいいお話でした。
貴子の不器用だけど精一杯な性格が心が打たれました。
王さんの誠実な優しさにも。
そして、料理を作るシーンが本当においしそうでした。
一緒に見ていた娘も食べたいな~と言っていました(笑)。
映画の雰囲気が素敵で、何度も見返したくなりますね。
この映画をみて無性に中華料理が食べたくなって、
図書館で中華料理の本を借りてきてしまいました。
素敵な映画を教えていただけて嬉しいです。

URL | hapimama #IAmA4RkY
2010/05/13 21:57 | edit

hapimamaさんへ

hapimamaさん、おはようございます♪

ご覧になられたのですね。
気に入っていただけて、嬉しいです。
素朴ですが、とても心温まるお話ですよね。
何度観ても、泣いてしまいます。

この映画が撮られた金沢市大野という町は
昔私が住んでいた場所の近くにあります。
海のそばでお醤油の香りが漂う、静かな町。
そのためか懐かしさも感じます。
いつか機会があればいらしてくださいませ。
ご案内いたしますので。

本当においしそうな料理がたくさん登場して
きますよね。
あの「トマト卵炒め」が絶品です。
映画のレシピ本も売られていたようですが、
DVDを買ったときに入っていたブックレット
にレシピが書かれていましたので、すぐに、
作りました(笑)

ご存知かもしれませんが…
下にレシピを記しておきます。
よろしければ、お試しを(*'-'*)

トマト卵炒め

●材料<2人分>

卵 3個
トマト(完熟) 1個
塩 小さじ1/3
中華チキンスープの素 少々
こしょう 少々
紹興酒 大さじ1
サラダ油 大さじ2

1.ボールに卵を割りほぐし、塩、スープの素、こしょうを入れてよくかき混ぜる。
2.トマトは湯むきして横半分に切り、種を取り出し、6等分に切る。
3.強火で熱した中華なべに油大さじ2を入れ、なじませる。1の卵を流しいれ、
  お玉で大きく混ぜて炒めたら、2のトマトを加え、くずさないように手早くあえる。
4.仕上げに紹興酒を鍋肌に入れて香りをつけたら出来上がり。


紹興酒が実にいい風味を出しますね。

URL | noco #-
2010/05/14 08:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/172-8080b606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。