道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヴィクトール・E・フランクル 『夜と霧』  

最近、昔読んだ本をもう一度読み直したくなります。
『夜と霧』は、学生時代に深く感銘した本です。
無性に読みたくなり、昨晩一気に読み上げました。

この本は、ユダヤ人心理学者によるナチス強制収容所の体験談です。
体験談といっても、そこには心理学の観点から、極限状態に置かれた
人間の本質や、「生きるとは…」といったことについての考察がなされて
います。

凄惨な強制収容所での出来事が描かれていて、そのあまりの生々しさに
読んでいると苦しくなり、思わず本を閉じたくなる場面もあります。
でも、その一方で劣悪な環境の中でも、通りすがりに思いやりのある言葉を
かけ、なけなしのパンを譲っていた人々がいると言います。

徐々に感情や人間性、生きる意味をも失っていく環境の中でのこういった人々
の存在は何を意味するのか?本書では、それを「人間としての最後の自由」・
「生きる意味」といった言葉で表現されています。
こういったエピソードを読むと、人間の底知れぬ強さを感じます。

人間が生きることには、つねに、どんな状況でも意味がある

この本を読んで、まるで喝を入れられたかのように、心がシャキッとしました。


夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


今日は朝から曇り。
用事で出かけたついでに、寄り道をしてきました♪
その模様については、次回のお楽しみに!!

スポンサーサイト

category: 読む

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 6

コメント

こんにちは。
私もテレビなどでユダヤ人の厳しい時代の話を見ると、
人間の強さに驚きます。
それと同時に、そんな残酷な事ができる人間がいる事に心が痛みます。
強制収容所の跡地がテレビで放送されていたときには、
怖いのですが、目をそらせませんでした。
本で本格的に読んでみたことはないのですが(読むのが怖い)、nocoさんの文を見て、読んでみたくなりました。
『蛍の墓』を見ると一週間は落ち込む私ですが、読んでみようかと思います。

URL | hapimama #IAmA4RkY
2009/02/01 22:53 | edit

この本に限らず、戦争についての本を読んで思うのは
人間の持つ二面性ですね。
残虐性と神性、愚かさとおもいやり。弱さと強さ。
いつになったら人間はこれらを克服できるのかと思います。
ついこの間、テレビで人間の男は絶滅する宿命にあると言っていました。
案外、そうなったほうが平和になるんじゃないかと
本気で考えます。

ちなみに僕は、どんな理由がつこうと戦争は絶対悪だと思っています。

URL | vento di cielo #6XXDU1MQ
2009/02/01 23:32 | edit

おはよう。
学生時代にこういう本を読んでおくといいですよね!

強制収容所・・そんな場所で理性を失わずに生きるって本当にすごいことだと思います。

どんな状況でも意味がある・・深い言葉ですね。意味があると思って受け止めれば、何とか乗り越えられるものなのかな。

URL | odette #-
2009/02/02 08:56 | edit

hapimamaさんへ

こんにちは。
hapimamaさんのおっしゃる通りです。
戦争の数々の出来事を知ると、人間の惨さや強さを感じますよね。
今の平和な社会では想像のできないことかもしれませんが、
平和だからこそ…それが当たり前と思うのではなく、様々な人たちの
悲しみのことも忘れずに…今を大切にしたいと思います。
よろしければ、ご一読くださいませ。
きっと何かを感じられると思いますよ(*'-'*)

URL | noco #-
2009/02/02 20:08 | edit

vento di cieloさんへ

こんにちは。
確かに、人間の持つ二面性をすごく感じますね。
いつもこういった本を読みながら、「自分だったらどうするだろうか」と思います。
きっと、追い込まれたら自分のことばかり考えて行動するのではないだろうかと…。
本当に、いつになったら人間は克服できるのでしょうか?
もう戦争は起こさないためにも、自分にできることを考えて日々いきたいと思います。

男性の絶命説ははじめて知りました。
でも、男性がいないと…様々な意味できっと困るでしょうね。

URL | noco #-
2009/02/02 20:19 | edit

odetteさんへ

こんにちは。
学生時代に、少し戦争関連の本を読んでいた時期があります。
そういった時期に出合った本です。
本当に…強制収容所で理性を失わずに生きるってすごいことですよね。
誰でもできるわけではないことを出来る人には何か秘密があるのか…
そんなことを考えます。

どんな状況でも意味がある…深いですね。
この言葉から、何かが起こったとき、それを感情的に受け止めるだけではなく、
ちょっと自分と離して客観的に見つめる視点が大切だということを教えて
もらったような気がします。

URL | noco #-
2009/02/02 20:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/272-ff8aef43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。