道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カリール・ジブラン 『預言者のことば』  

090203

毎日穏やかに過ごせたらいいと思っていますが、
どうしても感情に波があります。
仕方がないと理解していても、自分自身では不快なものです。
でも、沈む時期はどうあがいても無理だとわかっているので、
本の助けを借りて、気持ちが上向きになるまでじっと待ちます。

そんなちょっと沈んだ時に紐解く本が、
カリール・ジブランの詩集『預言者のことば』です。

愛とは?結婚とは?子どもとは?友情とは?死とは?…といった
人生にまつわる26のものごとの真理が、預言者のアルムスタファ
のことばを通じて語られています。
全部を通して読んでもいいですし、気になるテーマのものを選んで
読んでもいいですし、様々な読み方ができると思います。

どれも気に入っているので、この中から1つを選ぶのは難しいですが、
「友情について」という詩を引用してみます。
長い詩ですが、よろしければお読みください♪

      「友情について」   カリール・ジブラン

ひとりの青年が言った。友情について話してください。
すると、アルムスタファはこう答えた。

友とはあなたが求めているものへの答え。
友とは畑であり、あなたはそこに愛をこめて種をまき、収穫を感謝します。
友とは食卓であり、暖炉でもあります。
友のもとで飢えを癒し、心の平和を得るのです。

友が考えを語るときには、「それは違う」と言うことを恐れてはいけません。
「そのとおり」もためらわないように。
友が無口なときには、その心の声に耳を傾けてごらんなさい。
そこに友情があれば、言葉を介することなく、
あらゆる思い、あらゆる望み、あらゆる期待が生まれ、
分かち合われるでしょう。
派手な喝采など必要としないよろこびと共に。
友と離ればなれになることがあっても、悲嘆に暮れることはありません。
友の一番愛しているところは、
その人がいないときにこそよくわかるものなのですから。
ちょうど登山をしている最中より、
平野から眺めたときにこそ山の姿がよくわかるように。
友情とは魂を深め合うためのものであり、目的などあってはいけません。
愛そのものの神秘を露にすることだけを求めるような愛は、
決して愛などではなく、ただの投げ網。
そこには無益なものばかりがかかるのです。

友には最高の自分を捧げなさい。
友にはあなたの潮の干満を知らせなさい。

ただ時間をつぶすためだけの友を求めるのなら、いったい友とはなんでしょう?
どんなときも時間を生かすための友を求めなさい。
友とはあなたの求めを満たしてくれるものであり、
空虚を満たすものではありません。
甘美な友情のなかで笑い合い、よろこびを分かち合えますように。
ほんのちょっとした出来事の露のなかに、
心はさわやかな朝を見つけるのですから。


人との関係に悩んだとき、ふと思い浮かべる詩です。
特に、最後の「ただ時間をつぶすためだけの友を求めるのなら、~」
からのくだりが好きです。

預言者のことば預言者のことば
(2008/02/05)
カリール・ジブラン

商品詳細を見る



スポンサーサイト

category: 読む

thread: オススメの本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 4

コメント

いい詩ですね(^^)

詩自体も素晴らしいですが、訳者も素晴らしいと思います。
翻訳本てとても難しくて、原文がどんなに良くても
訳す人によってぜんぜん変わってしまいますから。

今度、本屋さんで見つけたら手にとってみます(^^)

URL | vento di cielo #6XXDU1MQ
2009/02/04 00:11 | edit

vento di cieloさんへ

こんにちは。
他の訳者が訳した本も出版されているのですが、
私はこの訳がわかりやすくて気に入っています。
以前の訳の時は、もっと文語調の感じでとっつきにくかったので。
確かに、訳す人によってイメージが全然違いますよね。

他の詩もなかなか素敵ですので、
また機会があればご覧になってくださいませ(*'-'*)

URL | noco #-
2009/02/04 22:06 | edit

こんにちは。
自分ではどうしようもない感情の波、分かります。
そういうときって、自分で考えていてもマイナスにしか考えられずに、ひたすら答えが出ないままさらに落ち込んでしまいます。
詩の引用をみて、心の奥底で感じていることが文章になっている!と思いました。読んでいてすごく勇気づけられますね。
この本の他の詩がまた気になります。
今日、『夜と霧』を借りてきたので、次に借りてきてみようかと思います。

URL | hapimama #IAmA4RkY
2009/02/05 00:24 | edit

hapimamaさんへ

こんにちは。
理解していただけて、とても嬉しいです。
時々…なぜか理由もわからずに落ち込むことがあります。
自分の中だけで悶々としている状態なので、周りの人にはわからない
と言われますが…(笑)
でも、そういった時はおっしゃる通り、完全にマイナス思考で、答えが出なくて…
深みにはまっていきますよね。
苦しくてもがいている時に、この本の詩によく助けられます。
大げさな表現かもしれませんけれど、魂が揺さぶられるのかもしれませんね。
よろしければ、手に取ってみてくださいね。
生きていく上で助けになってくれることばの数々に出合えますように!!

URL | noco #-
2009/02/05 23:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/274-6c32dfa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。