道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小路幸也 『スタンド・バイ・ミー』  

090217
昨日の雪が嘘のように、今日は朝からぽかぽか陽気でした。
と思ったら、夜になってまた雪が舞いはじめました。
最近は寒いので、夜のお出かけはしていなかったのですが、
今夜は用事があり、久々に夜遊びを(笑)
みなさんはどんな1日を過ごされましたか?

『東京バンドワゴン』・『シー・ラブズ・ユー』に続く3作目である、
小路幸也さんの『スタンド・バイ・ミー』を昨晩読了しました。

クスクスッと笑ったり、ほろっと涙を流したり…やっぱり3作目も
やってくれますね(笑)

何か問題が生じるとみんなが一致団結しその解決に奔走する
のですが、3作目にもなるとこちらも段々手の内が見えてきて、
解決策に「できすぎてるよ~」と突っ込みたくなることも度々あり
ました。でも、ドラマ「水戸黄門」のように結末がわかっていても
観たくなる…そんな気持ちも強くあって、読み進めていきました。

特にいいと思ったのは、次男の妻のすずみさんの次の言葉です。
「古本屋は!ただ古い本を売りさばけばいいというセコい商売
ではありません。世に本はたくさん出回ります。出版社は本を
出すのが商売です。本屋は本を売るのが商売です。古本屋は、
そこからこぼれ落ちた石の中から玉を見つけて磨きにかけて、
また世に出すのが商売です。出回るたくさんの本の中でも、
素晴らしい本はごくわずか。しかもその価値は世間にもわかって
もらえずに眠ってしまうものも、忘れさられてしまうものもたくさん
あるのです」


この言葉は、本に限らないことですよね。
本もそうですが、モノの価値や、最も大切な人の価値。
大多数の人がいいと言うことだけが正しいわけではないと思います。
“忘れさられていること・モノへ価値を見出すこと”って、とても大切な
ことなのではないでしょうか?

スタンド・バイ・ミースタンド・バイ・ミー
(2008/04)
小路 幸也

商品詳細を見る


あ~でもこれで3作一気に読んでしまい、続きは今のところなし。
急いで読みすぎたかもしれません。後悔しても遅いですが(笑)
少し抜け殻状態の私です…。
今日はそのせいか、1日ボーっとしていました。
↑いつもではありませんよ、きっと今日だけです(笑)
また、新たな本との出会いを期待して…♪
スポンサーサイト

category: 読む

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/291-970b3f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。