道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

クヴィント・ブーツホルツ 『見えない道のむこうへ』  

090614book


絵画と音楽―。
放浪画家と少年には、
年齢が離れていても
芸術を愛する者同士の、
親愛と尊敬と
理解があった。


先日読んだ『ちいさなちいさな王様』と同じ
大人のための小さな童話シリーズの1冊
です。

ある日、ぼくの家の上の階にマックスという
画家が越してきます。ぼくは、ほとんど毎日
のようにマックスの部屋へ行き、そこで絵を
描くマックスと過ごすようになります。

ただ、不思議なことにマックスは描いた絵を
ぼくにけっして見せてくれませんでした。

読み進めていくうちに、マックスがぼくに伝え
たかったことが明らかになっていきます。
途中で、思わず涙が出そうになりました。

「どの絵にも目に見えない一本の道が通じて
いる。」


絵の多いお話しで、その1枚1枚の絵に多くの
メッセージが込められている気がします。
静かなのに、全体に流れる強いものを感じる
作品です。

見えない道のむこうへ見えない道のむこうへ
(1999/03)
クヴィント ブーフホルツ

商品詳細を見る



スポンサーサイト

category: 読む

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/421-968c90f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。