道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

松浦弥太郎 『最低で最高の本屋』  

091021road


だいたいの人が、まずダメなところや
欠けている部分を探すところからはじめて、
それを隠したり直したりすることで何かを
完成させると思うのですが、僕はちょっと
それは違うなと思っています。

反面いいところもあるかもしれないのだから、
壊れた部分だけを直せばいいというわけでは
ないと思う。

そして、みんなダメなところに隠れたいいところ
を見ない。いい部分のほうをさらにもっとよく
したら、ダメなところが補えたり、逆によく見えて
くることもあり得ると思う。



ずっと苦しかった。

自分にはダメな部分ばかりで、
よいところなんてないと思って
いました。


人のいいところなら気づけるのに、
自分のいいところとなると、全然
わからなくなります。

だから、誰かから褒められても、
心の中では「そんなことはない」
といつも否定していました。

そして、必要以上に自分をよく見せ
ようとしていたのかもしれません。
そうしないと、自分が壊れてしまい
そうでこわかったのです。

そんな私でしたが、様々な出逢い
を通して、少しずつですが“自分”を
認めることができるようになってきま
した。まだまだ落ち込むことがあり
ますが、それでも以前よりはずっと
立ち直りが早くなってきました。


それが嬉しいのです。


これまでに出逢った方々…
そして今周りで支えてくださる方々…

彼らに共通しているのは、決して否定
しないということ。

何がいいとか、何が悪いとか、そんな
二元論で物事を片付けるのではなく、
「自分を大切にする」ということを教えて
くれました。


松浦さんの本を読みながら、今までに
出逢ったお一人おひとりの顔が浮かん
できました。

「出逢えてよかった」
と心からそう思っています。

そして、今は次のように思えます。

弱くていい、
まっすぐでなくていい、
最低で最高の道を歩んでゆきませう…と。


最低で最高の本屋 (仕事と生活ライブラリー)最低で最高の本屋 (仕事と生活ライブラリー)
(2003/02)
松浦 弥太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: 読む

thread: のんびり本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/558-5732fbae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。