道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

頭がいっぱい。  

091023nonbiri


進路を決めるときも、
引越しをするときも、
就職のときも、
仕事でも…

思い起こせば、いつものんびりでした。

私は一度に様々なことを処理すること
が難しいらしく、一つやっては休み、
もう一つやっては休みとかなりスロー
ペースになってしまいます。

両親はこんなのんびりした私と違って、
物事を迅速に処理するタイプなので、
「大丈夫か?」と心配されたものでした。

自分でもテキパキ動くことができれば…
と思ってはいるのですが、持って生れた
気質というか性格はなかなか変えること
もできず…結局いつものんびりに…。

今だって、早く解決しなければならない
問題があるのに…頭ばかりが焦って、
心がそれについていかない状態です。

こんなことで頭がいっぱいになるなんて…
なんて容量が少ない頭なのでしょう…。


愚痴になってしまいました。
お許し下さいn(_ _)n

スポンサーサイト

category: 雑記

thread: ひとりごと - janre: 日記

tb: 0   cm: 9

コメント

のんびり

せっかちな人は、のんびりとした生活が出来る人を羨ましく思います。
私がそうです。
せっかちというか…短気というか…。こう、スローペースだと飽きるんですよ。
もっと物事を長い目でみれればいいのにといつも思っていますから、
nocoさんの考え方がとても素敵だなぁと憧れているのですが、
人間ってどこか無い物ねだりなんでしょうか。

そうそう。先日私もほぼ日手帳を買ってしまいました。
来年が待ち遠しいです(笑)

URL | megryu #OGoVNXmY
2009/10/24 20:05 | edit

megryuさんへ

megryuさん、ありがとうございますn(_ _)n

自分の性格はなかなか変えられず、それが
いつも嫌な面に思えてしまいます。
なので、megryさんのコメントを読んで、
「あぁそうなんだ~」と励まされました。

短所と長所は裏返しと聞いたことがありますが、
本当にその通りかもしれませんね。
ダメだダメだと思っていても、それは裏返せば、
よい面なのかもしれませんね。

>人間ってどこか無い物ねだりなんでしょうか。

本当にそうかもしれません。

megryuさんもほぼ日手帳を買われたのですね。
とても嬉しいです。
私はほぼ日手帳を「育てる手帳」だと思っています。
1年後、どんな風に手帳が育っているか…
お互いに楽しみですね。

URL | noco #-
2009/10/25 22:23 | edit

意地悪な悪口。

10人に好かれようとすれば、10人から疎まれる。
「彼奴はなんだ?」「八方美人め!」「調子のいい、おべんちゃらめ!」
10人居れば10人の価値観。
誰かに共感すれば誰かが立たず。

これ 人の世の難しさでもあり、必然でもある。

10人居れば、その内のたった一人の味方・共感者がいれば万々歳。

たとえ99人の敵が産まれたとしても、
一人の味方がいれば、充分生きて行かれる・・・と思っている。

短所・長所なんて、対社会とか対人とかとの関係性の相対的な価値観にしか過ぎない。

僕が自分に言い聞かせていること。

短所だ長所だと一喜一憂する無かれ。
我が我である基本を忘れる無かれ。
我とは何か。
我とは、
飯を喰らい、糞をし、
人を殺めず、人の痛みを想像し、
その日が訪れるまで、ただ生きることである。
生きることに集中することであり、
それが生を与えられた者の責務であり、
それが、我そのものである。

URL | 西 #-
2009/10/26 07:40 | edit

西さんへ

西さん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。

なるほどと思いながら拝読しました。
様々な価値観の人がいて、みんなに
好かれることは難しい。
色々な経験を通じて、今はそれが
身をもってわかるようになってきました。

「我」「自分」

「自分」を~中心に生きられれば本当に
幸せなのでしょうが、何らかの集団に
属していると、時に「自分」を変えさせよう
とする見えない力が働く場合もあるような
気がします。

人は基本的に孤独ではありますが、
つねに人との関わりなしには生きてゆけず、
それが生きていく上での辛さかもしれない。

おっしゃるように、「我」「自分」というものを
自覚できるということが大切なのだと思い
ます。

ただ、色々なことに翻弄され続け、「自分」
というものを見失いそうになることがあるの
も否定できない事実です。
それは、世の中が昔に比べ複雑になった
ためかもしれません。

価値観や生き方が多様化し、生活が合理化
され、食べて寝て働く…といった「生きる」と
いうことのみで十分だった時代よりも、もっと
人々の悩みも増えてきている気がします。

もっと簡素に生きねばなりませんね。
西さんのコメントを拝読して、しみじみ思い
ました。

ありがとうございますn(_ _)n

URL | noco #-
2009/10/26 08:29 | edit

真意は・・・

我を大事にすることは、
例え反対意見の者であったとしても、
賛成は出来ないが、意見は拝聴する。
そして、他者の痛みを感じ取れることが、
すなわち我を大事にすることに繋がるのではないかな?
なんて、生意気に思っているのですが、
言葉では簡単ですが、
これがなかなか・・・(苦笑)
だから、生きる苦労や悩みが常に付きまっとってくるのかな~?

ちなみに、私は既に社会生活者からの脱落組の
ナンチャッテナルシストですから
悩みも苦労も基本的には何処吹く風?を決め込んでいますが・・・。

URL | 西 #-
2009/10/26 11:07 | edit

真意その2

あなたは充分思量深い。他者の痛みを充分我がものとしている。
あなたはあなたである事を充分知っている。
そのまま、ただそのまま生きていけばいいのではないでしょうか。
それが、ひいては周りのものの幸せに繋がっていることは
時折見かけるあなたの後ろ姿に色濃く現れていますよ。

オッサンからのエールでした。

URL | 西 #-
2009/10/26 13:39 | edit

西さんへ

西さん、
あたたかい励ましのお言葉をありがとうございますn(_ _)n

「そのままでいい」と言われるのは、実はここ数年のことで、
それまではダメだと言われることの方が多かったのです。
だから、自分を変えた方がいいのか…
でもその一方で、変えてはいけないと思う自分がいて…
それが激しくせめぎあっていました。

人はその人らしくあるときに一番輝くのだと思います。
私はそのキラキラ輝く姿を見るのが大好きです。
私は人の痛みがわかるかどうか…ちょっと怪しいですが、
私は痛みがある人であれば、その人が輝ける場を一緒に
考えてみたいと思ってこれまでやってきました。

ただ自分のこととなると、難しいですね。
「そのままでいい」と言われると、
「本当にそれでいいのだろうか」と思ってしまったり…。

でも、そんなことを言っていたら何もできませんよね。
これからは西さんや周りの人たちの言葉を信じて、
「ありのままの自分」で生きてみたいと思います。

重ね重ね、ありがとうございましたn(_ _)n

西さん、寒くなりましたので、お身体くれぐれもご自愛
くださいませ。

URL | noco #-
2009/10/26 23:29 | edit

五月雨カキコ(笑)

綺麗な衣装を身にまとい、バッチリとメークも施す。
髪を整え、後ろ姿にも気を配る。
ですが、どれも鏡という反転映像で見ているだけ。
しかも、見ようと意識して、見られることを意識して反転映像を「見ている」にすぎない。

誰もが、僕も、自身の後ろ姿を見るのは不可能です。
もし見られる可能性があるとすれば、
赤裸々な自己暴露をある種の表現で白日の下に晒し、「見る」しか出来ないのではと思えてならない。

後ろ姿は誰もが形而上の元にある。
自己啓発の元、自己開発とか自己変革とかは、
それ自体考えるところに意義があると思っている。
ですが、考え、苦悩し、自己変革が出来なかったとしても、
それはそれで良いのだと思っている。
なぜなら、変革できなかった自己こそが、
つまり、自己(我)そのものなのではないでしょうか。
その変革できなかった自己を拒否する方もいるでしょう、
それを認める方もいるでしょう。
それを大好きだという人もいるでしょう。

それで良いのだ!(赤塚不二夫氏風に)

私はガンジーになりたい。
そうありたいと願っているが、全身これ煩悩の塊。
なりたいと願っても叶わぬ所行。

だれもが異論なくマザーテレサを褒め称える。
だが、誰もがマザーテレサにはなれない。

もし出来る可能性があるとすれば、我が身の身の丈より、
ほんの少しだけ背伸びしながら歩くことだけ。
或いはけつまずき擦り傷が出来るかも知れない。
頭にたんこぶが出来るかも知れない。
ぼくはそれで良いし、ほんの少しの背伸びを心がけていきたいと思っている。

まだ知らぬいろんな事を、いろんな心模様を
この掲示板を通して発見し、反省材料としています。
感謝に堪えません。

オッサンの独白でした。

URL | 西 #-
2009/10/27 07:59 | edit

西さんへ

おはようございます。

こちらこそ、毎回西さんのコメントを拝読して、
色々なことを考えさせられます。
いつもありがとうございますn(_ _)n


> 赤裸々な自己暴露をある種の表現で白日の下に晒し、
> 「見る」しか出来ないのではと思えてならない。

> 自己啓発の元、自己開発とか自己変革とかは、
> それ自体考えるところに意義があると思っている。

> ですが、考え、苦悩し、自己変革が出来なかったとしても、
> それはそれで良いのだと思っている。
> なぜなら、変革できなかった自己こそが、
> つまり、自己(我)そのものなのではないでしょうか。

本当にその通りだと思います。

考えることを否定する人もいますが、考えることなしに
己を知ることなどできないような気がします。
そう考えると、苦悩することというのは意味があることだと
思えます。
でも、そうは言っても考えたり苦悩するということはかなり
しんどい作業で、時々「何も考えなければいいのに…」と
絶対に無理なのにそう考えてしまいます。

毎回あまり進歩のないことを書き連ねておりますが、
またお立ち寄りいただけると嬉しいです。
お心のこもったコメントに感謝しておりますn(_ _)n

URL | noco #-
2009/10/28 07:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/561-3c2aef57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。