道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

世界の中心  

世の中は、うまくまざっているようで、
案外まざっていないのだな、というのが
その時の感慨である。
このところの世のさまざまな事件をみる
につけ、ノートに記録したあの一週間の
自分の生活のことを思い出す。
まざらないまま、自分のいる場所こそが
世界の中心なんだと思いこむことのこわ
さを、思う。

「まざる」ことばかりがいいとは思わな
いが、自分がその「まざっていない人間」
の一人である、ということにさえ、あの
時の私は気づいていなかった。



何かや誰かを非難したあとで、
後悔することが多々あります。

非難するときは、自分の考えが
一番正しいと思っていますが、
後でよくよく考えてみると…、
そう言えないこともあるなぁと
考えたり。
でも、いつも時すでに遅しです。

自分がいる場所は狭くて、
自分が考えていることは実に
小さい。

それを忘れて、自分がまるで
世界の中心であるかのように
錯覚してしまうからかもしれ
ません。

常識。

そういった価値ですべてを判断
することのこわさを思いました。

たとえば、
虹が七色で、
鶏の鳴き声が「コケコッコー」
ではない国だってあるのに、
それが常識だと信じていたり。

人付き合いの上でも、常識という
名の下で誰かを非難したり。


狭い場所・小さな頭で考えることが
世界の中心であると錯覚すること。
すぐに忘れ、調子にのりそうな私。
時々喝をいれねば…と思いました。

自分のことを見られているようで…
久々に、本を読みながらドキドキ
しました。


なんとなくな日々なんとなくな日々
(2001/03)
川上 弘美

商品詳細を見る


スポンサーサイト

category: 読む

thread: のんびり本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/609-cf4210ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。