道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

変わらぬもの。自分に正直に生きること。  

はじまるのも突然ならば、
終わるのも突然なのかもしれない。

ねえ、どうしてあたしは今、ここにいるの。

当たり前が当たり前でなくなった時、
人はこう思うのかもしれない。

そんなことを、
川上弘美さんの『夜の公園』を読んだ
後に思いました。

ある夫婦を中心に描かれたお話しです。
妻、夫、妻の友人…と登場人物一人ずつ、
焦点が移りながら、話が進んでゆきます。

途中何度か、何だか無性に切なくなって、
本を閉じました。

誰が正しいとか間違っているとか、
何がいいとか悪いとか、
そんなことでは言い表せない…
一人ひとりの心のありようが切なさを
さらに増加させているのだと思いました。

変わることは自然であるのに、
やはり私は、今も変わらぬものを心の
どこかで求め続けているようです。

自分も変わってゆくものなのに…です。

でも、変わらないということは、時に、
自分の心に正直でない場合もあるの
かもしれない。

変わることは、自分に正直に生きること
なのかもしれません。
そういった意味では、
この作品に出てくる人たちは自分に正直
なのだと思います。

変わらぬものと自分に正直に生きること、
イコールで結べるといいのに…。


夜の公園夜の公園
(2006/04/22)
川上 弘美

商品詳細を見る


スポンサーサイト

category: 読む

thread: のんびり本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

「今度は愛妻家」っという映画を見ました。
とてもいい映画でしたので、機会があればぜひ。
ハンカチを持っていってください。。

どうしようもならない切なさはこの本と響きあうかもしれません。

URL | mo #NkZVZrtM
2010/02/12 22:51 | edit

moさんへ

おはようございます。

「今度は愛妻家」、
ブログでご紹介なさっていた映画ですよね。

人生はほんの少し遅すぎることが多い。

本当におっしゃる通りです。

思えば、最近映画を観に行っていませんでした。
映画館で観るのもいいですよね。
涙腺の弱い私には、大泣きしそうな映画ですね。
ハンカチ、たくさん持っていったほうがよさそう。

ありがとうございますn(_ _)n

URL | noco #-
2010/02/13 10:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/645-6b654cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。