道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

東直子『薬屋のタバサ』  

100604dieErdbeerpflanze


だれもかれも、言葉にはできない
ような何かに背中を強く、
あるいはあいまいに押されて
生きているだけなのだ、きっと。

分かっていることは、この場所に今、
立っているという事実だけ。



過去から逃れるように
タバサ薬局店にやってきた
由美に心を重ねていました。

過去に足をとられて、時折、
現在立つこともままならなく
なること。

でも、過去がなければ、
この現在もないという皮肉。

そんな中で生きてゆく辛さが
痛いくらい伝わってきます。

過去でも
未来でもなく
ただ現在を
生きること…
信じること…

私たちにできるのはそれだけ
なのかもしれません。


でも、わかっているはずでも、


後ろ向きになる自分はきっと
いるのでしょうが…

心の片隅にいつも忘れずに
おいておきたいと願う自分
もいる…

そんな自分に気づけたこと
が妙に嬉しく感じられました。

薬屋のタバサ薬屋のタバサ
(2009/05)
東 直子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: 読む

thread: のんびり本 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2010/11/02 14:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/745-5c56389b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

薬屋のタバサ 東直子

自分を消そうとしていた女が、一軒の古めかしい薬屋にたどり着いた。つかみどころのない、独身の薬屋店主、平山タバサと町の住人との不思議...

粋な提案 | 2010/11/02 13:45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。