道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

三谷龍二 『木の匙』  

100615derSpross

少しだけ道から外れて、森の中に入っていった。
高い梢から滑るように降ってくる光。
ザワザワと葉が擦れあう音。
木々の間を吹き抜ける風の中で、森を歩く、
ただそれだけでも僕には充分だと思えた。

ふだん仕事をしながら自分の好きな木肌の色や
艶を求めることも、好きなかたちや線を探しながら
つくることも、それは自分の深いところに触れるもの、
感じるものを、少しでも明らかにしたいという欲求が
あるからだと思う。

僕の仕事は実用のうつわをつくることだけれど、それでも、
ものをつくることは、どこか自分の「生命」のかたちを探す
ということと、深いところで繋がっているようだった。



美しい写真に惹かれて
手にとった本。
シンプルな木の器や匙
を眺めているだけでも
満たされますが、
言葉もとても素敵です。

モノをつくるのも
言葉をつむぐのも

自分の中の深いところの
ものをカタチにするという
点では同じなのでしょうね。

芯の通ったおだやかさ…
とでもいうのでしょうか。

まさに“静謐”という言葉が
ぴったりの本。

木の匙木の匙
(2005/10/22)
三谷 龍二

商品詳細を見る

スポンサーサイト

category: 読む

thread: のんびり本 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/764-10f94ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。