道草手帖

好きなものや日々の出来事をのんびりと綴っていきたいと思います

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

見う見う  

100722derPark


ミーンミーン……。
鳴き声が、そのまま名前になった、「ミンミン蝉」。
鎌倉時代には、
「見う見う」と聞かれたという。
現代語に訳すと、
会いたい、会いたい。
短い命を、恋にこがれて鳴きとおす蝉。
はたして、めぐり逢えたのだろうか。
見う見う……。
照りつける夏の空に、祈りのようにこだまする。



先日読んだ本より
こんな文章を見つけました。

蝉の鳴き声を「見う見う」と聞いた、
鎌倉時代の人の感性が素敵です。

連日の猛暑に食傷気味だった心と身体。
おかげでほんの少し涼しく感じられる
ようになったような(?)気がします。

まだまだ暑い日が続くとのこと。
皆様、
くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

耳を澄ませば聴こえてくる音の日本語耳を澄ませば聴こえてくる音の日本語
(2007/11)
山下 景子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: 言葉

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://michikusatetyou.blog74.fc2.com/tb.php/794-385e9e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。